「2013年1月」の記事一覧

ActiveRecord::RecordInvalid: translation missing: ja.activerecord.errors.messages.record_invalidエラー対策

2013年01月23日 00時41分

Ruby on Railsで、I18nのロケールを:jaに設定すると、ActiveRecordのバリデーションが失敗したときに発生する例外のメッセージがおかしくなった。

Post.create!(:title => ‘aa’)
ActiveRecord::RecordInvalid: translation missing: ja.activerecord.errors.messages.record_invalid

 

原因は、メッセージにも出ているように、:jaロケールの情報にja.activerecord.errors.messages.record_invalidが設定されていないためであるから、ja.ymlにこの情報を設定すると、とりあえず任意のメッセージを出すことができる。
(さらに…)

Ruby on Railsでapplication.cssをapplication.css.scssにする方法

2013年01月21日 23時27分

application.cssをapplication.css.scssとして記述したい場合は

application.cssをapplication.css.scssにリネームするだけ。

 

ちゃーんとscssの文法で記述できるようになる。

 
 

できそうで

できなさそうで

でもできる

 

ActionMailer::Base.deliveriesに格納される内容

2013年01月20日 22時23分

Ruby on Railsでメール送信部分のテストをする方法については、Testing Your Mailersに書かれている。

そこでは、、送信したメールのテストにはActionMailer::Base.deliveriesをチェックしてねと書いてある。

 

が、いきなり登場したActionMailer::Base.deliveriesについて、この中身は何なのか?という説明がされていない。
(さらに…)

内閣の物価上昇目標宣言によりこんな税収アップがある

2013年01月20日 20時31分

阿部内閣は、物価を2%上昇させると言っている。

物価が上昇するということは、同じ物を買うのに上昇した物価分だけ余計にお金を支払う必要があるということになる。

 

現在1000万円の貯金があるとして、その価値は100円の缶ジュースにすると、10万本分の価値がある。

しかし物価が2%上昇すると、貯金が1000万円のままなら、100円の缶ジュースは102円になるから、同じ缶ジュースでも9万8千本ほどしか買うことができなくなる。

 

同じ1000万円の貯金でも、缶ジュース2千本分だけ価値が下がったということになる。

 

そこで多くの人が考えるのが、FXで円をドルなどに換金したり、金を購入しておいて物価が上がったらまた円に戻すという防衛策。

貯金の価値が下がるなら、価値が下がらないものを財産として所有しようという考え方だ。

 

でも、FXによる利益には一律20%の税金がかかるし、金の売買には消費税がかかる。
(さらに…)

税率アップと老人の死亡率

2013年01月20日 20時13分

時事の話。

プログラマにとって、時事なんてどーでもいいかもしれないけど、プログラマのダメなところは人と人の利害関係に目を向けないから結局スーパー技術持ってるのに生涯貧乏なところだと思う。

そうならないためにも、誰かが何かをしたら、そこにはどんな意図やメリット(つまり真実)があるのかを考えるようにしたほうがいいと思う。

 

と、いうことで、今回は消費税アップについて、意図と誰にメリットがあるのかを考えてみた。

 
 

消費税アップの表向きのメリット

まず、消費税をアップするメリットは、表向きなものに次のものがある。

  • 税収アップ
  • 消費税アップ前の駆け込み需要の発生

 

消費税アップの陰謀

消費税アップの直前に駆け込み消費が発生するのと同じように

相続税アップの直前に、お年寄りの死亡率が上がったとしたら?

 

死亡率と意思の間に関係があることになるなぁ。

より多くの相続税を得るための身内の犯行。(または介護の積極性の欠落)

 

そして、政府がその結果を目論んでいたら?

 

政府にとって動機はある。

お年寄りが減れば財源支出が減るわけだし。

 

これぞ陰謀。

 

ご感想あれば

被害妄想だと批判するなら、実際のお年寄りの死亡率をリサーチしてからにして下さいね。