WordPressの関連記事プラグインをインストールした

ブログに関連記事の一覧を表示することにした。

今回選択したプラグインはYet Another Related Posts Pluginというプラグイン。

評判はそこそこで、更新も頻繁にされているので、生きたプラグインといえる。

 

インストール

動作環境

少し心配だったのが、Yet Another Related Posts Pluginのサイトには、対象環境として次の記載がある。

このブログはMySQL5.0上で稼働しているが、問題無く動作した。

 

インストール手順

WordPressプラグインなので、「プラグイン」→ 「新規追加」から、「Yet Another Related Posts Plugin」と検索してインストールすればいい。

 

インストールしたら、まずやることは、プラグイン設定画面の表示設定だ。

デフォルト状態では全ての設定項目について表示される設定にはなっていない。

 

ダッシュボード右上の「表示オプション」をクリックすると、Yet Another Related Posts Pluginの設定で表示する項目を設定できる。

Yet Another Related Posts Plugin 表示オプション

 

まずは全ての項目をチェックして、不要と思ったものを使い込んでいくうちに不要と感じた項目についてのみチェックをはずしていけばいい。

Yet Another Related Posts Plugin表示する項目

関連度スコアの設定

Yet Another Related Posts Pluginでは、関連記事の割り出しに、次の4つを使用する。

 

このブログではタグの機能を全く使っていないため、タグは関連スコアに影響しないように設定した。

Yet Another Related Posts Plugin関連スコア設定

 

ちなみに、「全ての投稿タイプの結果を表示」はデフォルトでチェックがはずれているが、そもそも投稿タイプとは何かについてはWORDPRESS Codex日本語版 投稿タイプを参照されたい。

表示設定

Yet Another Related Posts Plugin表示設定

表示設定では、関連記事がどういうHTMLで出力されるかを設定することができる。

 

このブログの場合、関連記事を囲むタグを

 

開始:

<br /><br /><br /><h3>関連記事</h3><ul>

 

終了:

</ul>

というように変更している。

表示結果

ブログ管理者としてログインしている場合

ブログの管理者としてログインしている場合、関連記事の表示結果には、関連度スコアも表示される。

関連記事表示結果

この例だと、「active_supportのrequire」という記事は関連度スコアが5.6で、その次の「RubyのArray#mapメソッドを短く記述する」の関連度スコアは5だということがわかる。

 

表示する最低関連スコアの設定を4で設定しているので、このしきい値をクリアしたもののみ関連記事として表示される。

 

一般訪問者の場合

一般の訪問者がアクセスした場合には、関連記事の一覧に関連スコアは表示されない理想的な仕様になっている。

Yet Another Related Posts Plugin一般訪問者表示結果

あとがき

ブログの記事を投稿する時、どれくらいのボリュームの記事を書こうか、テーマごとに分けて書こうかまとめて書こうかといった点に結構気を遣う。

記事を分けて書いた場合、読者が関連した記事に気づいてくれない可能性が高くなる。

 

関連記事を自動的に表示することで、記事を分けた場合でも、読者が関連記事として読んでくれる可能性が高まるはずだ。

コメントを残す

トラックバック: http://pgnote.net/wp-trackback.php?p=1407