サラリーマンでも確定申告(白色)くらいは自分でつけよう

昨年は計理士さんに丸投げしてやってもらっていた確定申告を、今年は自分で記載に挑戦。

P1030319

源泉徴収に対して確定申告はここがメリット

私はサラリーマン兼アフィリエイターなため、年末調整はせずに確定申告で両方の収入や所得を申告しなければいけないわけではあるが、他の人も、サラリーマン兼何かの副業をしているなら、是非とも確定申告はしたほうがいい。

 

何故なら、

節税になりますゼ(・∀・)v

という理由から。

 

例えば、副業を事業として(つまり本腰入れて)実施している場合、それは事業収入として計上することになる。

そしてなんと、この事業所得が、経費と相殺した結果赤字になった場合、その分の赤字分をサラリーマンとしての給与所得から相殺できてしまう。

 

私なんかの場合、ただアフィリエイトをするだけというよりは、マシン環境に何十万単位でお金掛けて、セミナーに出て、プロバイダーは予備を含めて2社分契約して・・・といった感じで結構事業にお金を使った結果、年間で稼いだ○十万よりも経費がかさんで結局赤字。(領収書確認してビックリ)

こういった赤字分を給与所得から差し引けるのはありがたい。

給与所得から差し引いた結果によっては、累進課税の1段階低い税金で済むかもしれない。

 

とはいえ、虚偽は絶対に書いてはいけない。噂によると、虚偽記載による納税不足分の税金に対して、脂が乗った(延滞税が掛かった)頃にマルサの調べが入って、とてつもない追加税を要求されるのだとか。

恐ろしい。が、ルールを守っていればノーリスクなはず。

確定申告(白色)は実は簡単(…多分。)

今日は仕事を半休とって、電話で税務署の方に教えてもらいながら確定申告の材料集めを実施。

実際にやってみた感想は、「確定申告(白色)って初めてのときは時間が掛かるけど、一度経験してしまえば実は簡単だった。」といった感じだった。

まだプロバイダの領収書届いてないし、提出してから実は間違いだらけだったとか指摘されない可能性も無くはないわけではあるけれど。

誰もが所得税について知っておくべき

確定申告を行う場合は、税務署から、この記事のトップにある画像のような、「所得税の確定申告の手引き」というようなマニュアルもいっしょに送られてくる。

これを読めば、ほぼ問題無く確定申告(白色)くらいは記入することができる。

 

この手引きを読むのが結構面白くて、どういうことをすれば、節税できるのかということが理解できる。

そうなってくると、金持ちが寄付をするのは節税の目的もあるんだなぁということが理解できるようになってきて優越感。

 

と、いうわけで、世の中は知らないと損するように作られているので、是非皆が税についての知識を身に着けるべきじゃないかと思う。

とはいえ、人というのは水が上から下に流れるがごとく、直近の楽なほうへ流れてしまう生き物であるだけに、大半の人は簡易な(受動的でいるだけで支持がある)年末調整で済ませてしまうのは、これからも変わらないだろう。

 

・・・じゃあnagahogeも白色申告じゃなくて青色申告にしろって話になりそうだけど。その通り、私も根っからの怠け者だとも!でも、変わっていく努力はしている。はず。(汗

余談

2つの選択肢があって、

1. 50万円差し上げます
2. コインをトスして表裏を言い当てれたら100万円差し上げます

このうち大多数の人は1を選択するという統計結果が出ている。(Yahooのニュースかどこかで昔読んだと思う)

 

この動機について、まさに「人というのは水が上から下に流れるがごとく、直近の楽なほうへ流れてしまう」という性質が浮き彫りになった例だと思う。

 

確実に直近に楽できる50万円。

それに対して、もしかするとお金が貰えなくて直近に楽できないかもしれない100万円。

 

1と2の選択肢は、分析してみるとこういった違いが隠されている。

 

もしも「やりたい事業に100万円の投資が必要なんだ」という人がいたら、2を選択することだろう。

「確実に50万円もらってあとの50万円はどこかから調達すればいいじゃん」という考え方もあるかもしれないが、金持ちになる男、貧乏になる男によると、1000万円資金調達するより1億円資金調達するほうが実は簡単らしい(理由は本読めばわかります)から、それを理解している人ならやはり2を選択するはず。

 

もっと噛み砕いた形で言い換えるなら、
50万円は楽するためのお金で、100万円は投資できるお金。(相対的な話。)

 

と、いうような感じで、余談の結論としては、楽かどうかではない判断基準をもってリスクを伴う選択肢と向きあおう、源泉徴収に甘えて無いで、確定申告するべきだよね、という結論ということで。

コメントを残す

トラックバック: http://pgnote.net/wp-trackback.php?p=2176