rubyで配列のn番目から最後までの要素を取り出す

こんな書き方ができたのか〜

[1, 2, 3, 4, 5, 6]という配列から、インデックス2〜末尾までの範囲要素を取得できたよ〜ということに意義がある。

 

ユニットテストを書くときに、配列の1番目と2番目くらいのチェックはするけど、それ以降のチェックはテキトーにループでしたい場合に結構重宝しそう。

 

ちなみに、この書き方は、Arrayクラスのself[range]と、self[nth]に負の数を指定すると末尾からのカウントになるという特性を利用していたりする。

class Array

コメントを残す

トラックバック: http://pgnote.net/wp-trackback.php?p=2650