Windows7をインストールしたら真っ先に設定しないと気が済まない設定

私がWindows7を使うとき、真っ先に設定しないと気が済まない設定がある。

 

一つは、ウィンドウを画面の隅のほうにドラッグした場合などに、自動的に最大化や半最大化がされてしまう機能の無効化だ。

この機能がかなり邪魔に感じるのは、私が時代の進化に取り残されているだけなのか?

 

もう一つは、使いにくくなってしまったタスクバーの表示をWindowsVista以前と同じような表示にすることだ。

 

設定変更前:

 

設定変更後:

 

その他、Windowsテーマと言語バーの位置も、可能であれば変更する。

ウィンドウの自動最大化の無効化手順

  1. [Windows]+[U]キー
  2. 「コンピューターの簡単操作センター」ウィンドウが表示される
  3. ウィンドウ画面最下部にある「コンピューターでの作業に集中しやすくします」をクリック
  4. 「コンピューターでの作業に集中しやすくします」画面に切り替わる
  5. 画面下のほうの「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」にチェックを付ける
  6. 「適用」「OK」クリック

タスクバーをWindows Vista以前と同じような表示にする

  1. タスクバー(画面最下部)で右クリック→プロパティ
  2. 「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」ウィンドウが表示される
  3. 「タスクバー」タブの「タスクバーのボタン」を「タスクバーがいっぱいの場合に結合」に変更する
  4. 「タスクバー」タブの「小さいアイコンを使う」にチェックをつける
  5. 「適用」「OK」クリック

 

あと、Windows Media Playerのショートカットアイコンなんか、滅多にクリックしないし、クリックするとしたら、それは意図せず手がすべった時だけだと思う。

これも削除。

 

隣にあるフォルダのショートカットも削除していいと思う。

マイドキュメントなどを開きたいときには[Windows]キーを押して「ドキュメント」を選択するほうが素早く作業ができるから。

Windowsのテーマをクラシックにする

Windowsのテーマについては、ベーシックとクラシックで好みが分かれると思う。が、実用性からいえば、クラシックのほうが実用的だ。

タイトルバーやウィンドウの表示境界が幅をとらない分だけ作業スペースを大きく確保できるという理由だ。

  1. デスクトップ上で右クリック→個人設定
  2. 「Windows7 ベーシック」が選択されているのを「Windows クラシック」に変更

言語バーを上に移動

これは他の人にはなかなか理解してもらえないんじゃないかと自分でも思っている設定なんだけど・・・
(あと、もうすでにWindows7とか関係なしで、以前のOSについてもいえること)

 

言語バーを画面最上部の若干右寄りに移動する。

 

何故こんなことをするか?

というと、理由は3つある。

  1. タスクバーが広くするため
  2. ウィンドウのタイトルバーの中央あたりは特に何も表示されない無駄な領域を有効利用するため
  3. 文字入力する時は画面中央より上の位置に入力する機会が多いため目線移動が少なくて済む(例:文書の書き始めは最上部から)

最後に

OSをバージョンアップしたり乗り換えたりしてくれたユーザーに

「おお、なんかやっぱり新しくなってるな!」

と思ってもらうためにデザインを変更したり特徴的な機能を追加したりしたくなるのはわかる。

 

でも、使いくいものをデフォルトにするのはどうかと思う。

せめて、今回設定したような部分はもっと簡単に設定変更できるようにしておいてほしい。

例えば、初回起動時にどちらの設定を選択するか訪ねてくれてもいいと思う。

コメントを残す

トラックバック: http://pgnote.net/wp-trackback.php?p=378