GitHubの勉強するときの注意事項

GitHubを勉強したときに、テスト用の公開リポジトリを作成して、そこにコミットができるかとかいうことを、確認してみたりしていた。

GitHubを使ってみた

 

しかし、この行為がちょっとした後悔になった。。

 

今日になって気づいたが、誰にも教えていないリポジトリへの操作も、自分のGitHubアカウントの、Public Activityという情報に残っていくようだ。。

 

だから、いくらテスト用のリポジトリへの操作だからといって、ふざけていては、他の人が自分のGitHubアカウントを見たときに、良い印象を与えないのは確かだと思う。

 

私の場合、テストリポジトリに含んでいたREADMEの内容が少しふざけていて、他人に見られるのはちょっと嫌なPublic Activityになってしまった。。

 

 

とはいえ自業自得。

きちんとした作業で信頼を取り戻していくしかないと思う。

 

 

ところで、GitHubでテスト用リポジトリを作成しても、誰にも迷惑をかけないと思ってたが、実際には、誰にも教えていないリポジトリであっても、それが公開リポジトリである場合には、GitHubのリポジトリ検索からヒットしてしまう

だからテスト用リポジトリは、誰も検索しないような名前で作成するか、非公開リポジトリに作成するべきだと思う。

コメントを残す

トラックバック: http://pgnote.net/wp-trackback.php?p=523