Core i7のCPUでPCを自作(テキトー組立編)

Core i7のCPUでPCを自作(パーツ選択編)で、現在可能な構成のうちで、かなりハイスペックなPCパーツを購入した。

 

今回は、それの組立編というか、組み立てた写真をただ貼り付けただけのような記事になっている。

組み立て方の詳細については、ASUSのマザーボードに日本語の説明がされているため、そちらを見れば組み立てることができると思う。

とりあえず、テキトーに組み立てれば、意外と動作するものだ。

 

購入物一覧

(このときCD/DVDドライブが未到着。そして探したところ自宅に既存のDVDドライブあったため、そちらを使用。)

 

私はストックがあったからいいが、PCケースとCD/DVDドライブは別途購入しないと完成しない。

マザーボードも、P8Z77-V DELUXEは、Amazonの写真だとD-SubやDVI-Dコネクタが付いている写真だが、実際にはそんなもの付いていないため、グラフィックボードを別途用意しておく必要がある。

マザーボードの初期動作不良

マザーボードのASUSTek Intel Socket 1155 DDR3メモリ対応 ATXマザーボード P8Z77-V DELUXEは、初期不良だったため、追加でASUSTek Intel Socket 1155 DDR3メモリ対応 ATXマザーボード P8Z77-Vを購入し、そのままマザーボードのみを取り替えた構成で無事動作した。

 

あえて同じP8Z77-Vシリーズを購入し、結果、初期不良でなければP8Z77-V DELUXEでも問題無く動作するはずということが確認できた。

 

初めはCPUを疑い、ひと世代前のintel CPU Core i7 i7-2700K 3.50GHz 8M LGA1155 SandyBridge BX80623I72700Kを購入し試してみたが、マザーボードを変えるまではやはり動作しなかった。

(CPU_LEDランプが点灯して電源ON/OFFが繰り返されるという症状)

 

さて、初期不良の保証してもらう作業が面倒だ・・

マザーボードの説明書を見れば組み立てれる

ASUSのマザーボードのセットアップ説明を参照すれば、悩みながらも組み立てることができる。

私も2年ぶりだったので、本当に説明書通りに作業しないとできなかった。

 
 

組み立てた後は、マザーボードのドライバをインストールするまでは、LANを認識してくれない。

毎回私はマザーボードのドライバインストールを、忘れる傾向にある。

 
 

さて、問題切り分けのために購入した、Sandy BridgeのCPUと、保証で交換してもらえると思われるP8V77-V DELUXEマザーボードが1枚。

 

もう一台作って、親とかにプレゼントしろってことなのだろうか。

 

コメントを残す

トラックバック: http://pgnote.net/wp-trackback.php?p=943