Googleのドメインブロック機能が無効になってる理由

Googleアカウントの設定により、特定のドメインをGoogle検索結果に表示しない(ブロック)できるサービスが開始された。

しかし、2012年現在、この機能は、ブロックドメインの登録はできるものの、登録結果が検索結果に反映されなくなっており、もう何か月も機能していない。

 

実質的に、ドメインブロックサービスの廃止のような状態になっている。

 

と思っていたら、Google Chrome用に提供されているアドインに、Personal Blocklist (by Google)というアドインが。

 



 
 

このアドインをインストールすると、不快ドメインを開いてしまったときに、手軽にブロックリストに追加できるようになる。

Personal Blocklist (by Google)の機能は、Google検索で提供していた、ドメイン単位でのブロック機能と同じものだ。

 
 

なぜ、Google検索エンジンのブロック機能が機能しなくなり、Google Chromeのアドインが機能するようになったのか?

 

おそらく、Googleが、Google Chromeというウェブブラウザを、より普及させるためだと思う。

 
 

いったん便利な機能をGoogle検索エンジンで提供しておき、その機能の必要性を体感してもらう。

その後、その機能が使えなくなると、ユーザーは、その機能を求めるようになる。

その結果、多くのユーザーが、ブラウザをIEやFireFoxなどから乗り換えてでも、Google Chromeに乗り換えることになる。

 

そうは思いつつ、Google ChromeではなくFireFoxをデフォルトのウェブブラウザとして使用していた私だが、Personal Blocklistを使用するために、Google Chromeに乗り換えた。

 
 

特定のドメインを検索結果に表示したくないなら、あなたもGoogle Chromeを使用してみてはいかがだろうか?

コメントを残す

トラックバック: http://pgnote.net/wp-trackback.php?p=963